上映会新作案内vol.198

ひとよ

■女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を映画がした作品を紹介します。■

『ひとよ』
〜大人、感動ドラマ〜

第42回日本アカデミー賞で最多12部門の優秀賞に輝いた『孤狼の血』(18)の白石和彌監督が、かねてから「いつかは撮らねばならない」と感じていた【家族】をテーマに選び描いた本作は、観る者を圧倒する演技派たちの熱演により、“家族の絆”“究極の愛”について問いかけた。2019年、「第44回報知映画賞」では、作品賞/監督賞/主演男優賞/主演女優賞/助演女優賞と5部門がノミネートされる快挙を達成した。
一夜にして激変する家族の運命を通し、尊くも時に厳しい“家族の絆”、そして、言葉にできない“究極の愛”を観るものすべてに問いかける、ヒューマンドラマの傑作!

どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った??
時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。
15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先は?

上映時間:124分 アミューズ

出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、 大悟(千鳥)、佐々木蔵之介、田中裕子

©2019「ひとよ」製作委員会

ページ上部へ戻る