マニア“カマタ”の映画行脚!vol.5

クリムゾン・ピーク

夏があっというまに通り過ぎ、気がつけばハロウィン映画のお問い合わせを
頂く季節になりました。
ハロウィンといえば、「キャスパー」「モンスターホテル」などファミリーで楽しめる
おばけ映画をご案内することが多いのですが、今回はオトナ向けの一本を。

クリムゾン・ピーク」。

「クリムゾンピーク」は「パシフィックリム」のギレルモ・デル・トロ監督が
「アリス・イン・ワンダーランド」ミア・ワシコウスカを主演に迎えて送るゴシック・ホラー、です。

ニューヨークの小娘なヒロインがかっこよすぎる謎の男トム・ヒドルストンに魅入られ、
結婚まで決意。周りが止めるのも聞かずにイギリスまで付いていいってしまうところから話が始まります。
彼女が住むところ、それは天井が抜けお風呂も満足につかえない古ぼけた大屋敷…
しかも尋常じゃなく怖い夫の姉ジェシカ・チャステインも同居しているという…。
この状況でよく帰国しないなと思うのですが、そこに現実味をもたせるのが
謎すぎる夫を演じるトム・ヒドルストンの魅力。
さすがイギリス美形俳優、ゴシック衣装を身にまとい、眉毛を八の字にしては気を引きます。
加えてお屋敷の美しさ。あふれ出る幽霊ですらため息がでるほど魅力的です。

映画のストーリーは曖昧で評価が分かれるところですが
日本人には決して創り出せないヨーロッパな美術と
トム・ヒドルストンの魅力に酔いしれるには最高の一本。
もちろん、いつもの卓越したホラー演出を抑えたデルトロの演出も快調そのもの。

秋の上映会に是非ご検討ください。

© 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

上映会ブログ担当者
マニア“カマタ”
ひとこと
Coming soon…
ページ上部へ戻る