新人クリエイター発掘プロジェクト 第1回映画少年短編映画祭

主催
株式会社ムービーマネジメントカンパニー
株式会社FAITHentertainment
616

第一回 映画少年短編映画祭を終えて…





【映画祭ディレクター コメント】

第一回「映画少年短編映画祭」が無事終わり安堵と喜びが湧きあがっています。
1回目にも拘わらず多くの自主映画作家から応募頂き観る方でもとても楽しませてもらい刺激を貰いました。ご応募頂きましてありがとうございます。 第一回は田村凌一監督作「甘い麦茶」がグランプリとなりました。とても繊細で丁寧に撮られた作品でグランプリに相応しい作品でした。
審査員特別賞の「道玄坂事変」(真田幹也監督)、技術賞の「時空脱獄NINJA」(大木ミノル監督)とも大変良くできており楽しませて頂きました。
また今回選外になった作品も秀逸な作品が多く嬉しい悩みを抱えた数週間でした。
次回、第二回も間もなく発表、募集となります。新たな作品に出会えることを楽しいにしています。

(株)フェイスエンタテインメント
窪田将治


受賞者 左から 審査員特別賞:真田幹也 監督 / グランプリ:田村凌一 監督 / 技術賞:大木ミノル監督

第一回 映画少年短編映画祭

【☆☆☆ 受賞 3作品 ☆☆☆】
グランプリ

【甘い麦茶】
田村凌一監督作品

審査員特別賞
【道玄坂事変】
真田幹也監督作品

技術賞

【時空脱獄NINJA】
大木ミノル監督作品

TOP


【☆☆☆ 決勝進出 10作品 ☆☆☆】

【甘い麦茶】
田村凌一監督作品

暑い夏の日。加奈子が帰ってくるとそこには死んだはずの元カレ千葉の姿… 二人は束の間のひと時を過ごすが、やはり変わってしまってる今が現実へと引き戻す。加奈子は今を生き続け、千葉は見守り続ける。


【道玄坂事変】
真田幹也監督作品

東京、渋谷の道玄坂。そこでは連日連夜、沢山の男女のドラマが生まれている。今夜も一人の男が女を口説き始める。「言葉・言葉・届く言葉…」行き詰まった男が女に向けて放った言葉とは…


【時空脱獄NINJA】
大木ミノル監督作品

借金取りを生業とするヤクザが男を殺害しようと計画する。実行される寸前で轟音と共に「忍者」の格好をした男が現れた。ヤクザVS忍者、全面戦争が始まる!!驚異のVFXと一流の俳優陣で贈るエンターテインメント作。


【キャッチボール】
大城義弘監督作品

金子と高井は大学の帰り道キャッチボールをしながら帰っている。金子は母親の握ったおにぎりが恥ずかしくて食べられないという高井を、遅い反抗期だといってからかう。金子は人に優しくしろと説教しているが…


【房江】
高山直美監督作品

幼いころのトラウマが原因で心を閉ざして生きてきた房江のもとに自由奔放な妹の沙知絵と、その彼氏の啓介が訪ねてきた。そして啓介の身勝手な行動で房江の欲望が目覚めていく…


【こうして僕は左遷(とば)された】
小尾信生監督作品

「先天性老化による代謝免疫回復能力の不全」というゆるい難病にかかってしまったサラリーマン青木カズヤ。しかしどんなにゆるくても難病は難病。追い出し部屋へ送り込まれたカズヤに待ち受ける不条理なミッションとは…


【且つ吾嘗試みに女に問わん】
中井萌監督作品

姉が妹を家へ帰らそうと話し合うが、態度が悪く帰る気を見せないため、姉は無理にでも連れて帰らせようとする。万華鏡をみて、妹の頭の中には何かがよみがえる。


【のたりのたり】
萩生かな監督作品

「わたし、お母さんと顔違うよね?」自分が誰の子供なのかだんだん気になり始めた18歳。彼女のひそかな調査が始まる。


【アラベスクの記憶】
富田洋史監督作品

息子の名前もわからない認知症の母と母を愛しながらも事実を受け止めきれない息子。二人の記憶を巡る物語。


【スクランブル・ベア】
藤居恭平監督作品

盗んだ大金をぬいぐるみの中に隠し、3年ぶりに故郷へと帰ってきた幸子。そんな訳ありな姉との再会は妹直美だけではなく、幸子を追うヤクザや田舎の親子、釣り人を巻き込んだ大騒動へと発展してゆく!




TOP